楽しく描き書き\(^o^)/

創作活動の報告中心です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロードバイク買いました!

 嫁の友だちがロードバイクやっているとかで、便乗して購入しました。
 中高とロードマンコルモを乗り回していた私にとって、ロードバイクはまあ、慣れ親しんだ乗り物です。
 ロードマンやカリフォルニアロードが荷物も積んで遠くまで行くような自転車だったのに対し、ロードバイクは舗装路を疾走するための自転車なので、

◎タイヤが細い(溝も無い。空気圧がめちゃくちゃ高い。7キロくらい
◎軽い(何か頼りない
◎雨の日には乗ってはいけないらしい(泥よけも無い

 とまあ、ここら辺が違います。
 ただ、自転車乗らなくなってから20年以上、技術は進歩しました。
 変速装置がブレーキレバーと一体化!
 大きな方を倒すとギアが低速側に。小さな方を倒すと高速側に。ワンプッシュで1段変わります。これ、日本の自転車メーカーのシマノから始まって一世を風靡したシステムらしいです。一体どうなっているんだろうか。
 タイヤもフレンチバルブとかいう、虫ゴム的な空気注入口からして形が違い、それ対応の空気入れが必要に。
 きちんと買ってあるので、早速空気圧を調べます。
 買ってから1週間、2キロくらい抜けていました。
 そんなもんなんですかね?
 iPhoneを入れられるケースも買ってありますし、暗くなったときに備えてヘッドライト、テールライトも装着!安全装置に抜かりはありません。
 当然ヘルメットも被ります。
 なにやら中に被る汗を吸い取る水泳キャップのような者も装備!(基本、形から入る)
 流石にレースパンツははきませんが、太陽に弱い橘(日光アレルギー的に日に当たるとただれる)、長袖UVカットのコンプレッション冷却ウエアを着込みます。
 iPhoneでログを取りながらいざ出動!
 軽い!軽い!
 ビックリするくらいすーっと抵抗なく走っていきます。
 昔と唯一違うのは、道路の凸凹を強烈に拾うこと。
 ギアも必要十分、下死点(なんて言うのか知らないけど、エンジンではこういう)で膝がちょっと曲がるくらいに調整してあるサドルのおかげで、止まるとつま先立ちになるけど、なんか走らされる乗り物のようで。
 あまりにも楽しくて、試運転、2時間で30キロ走破していました。
 初回にしては上出来。

 沈んでいく太陽、それを遮るマンションを横目に見ながら、砂のライヲンの舞台になった幕張の住宅側のサイクリングロードを走ります。

 あ、ヒロインの女の子、こういった趣味を持たせても良いかもしれません。
 そんなことを考えながら、自転車をこいでいました。


スポンサーサイト
  1. 2015/07/30(木) 22:48:52|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひげ剃りの刃の枚数

 ひげは濃くないのですが、生まれながらのガジェット好き。最近はひげ剃りを色々試しています。
 真っ青先輩と話になったとき、刃の枚数が多いとそり残しがある、と言うことが話題に。
 橘が先日行った健保の温泉宿、使い捨てのカミソリが2枚刃。国内では有名なKAI印の使い捨てひげ剃りでした。
 これがよく出来ていて、首も振ります。スムーザーもついています。そして何よりも深ぞり!
 刃が多ければ深く剃れると思って居た橘は目から鱗。
 そこで、真っ青先輩の出番です。
「刃の枚数が多いと、肌に優しいけど、スッキリ剃れない。刃の枚数が少ないと肌荒れしやすいけどスッキリ剃れるから、どっちを選ぶかは好みだなぁ」
 なるほど。
 ちなみに、使った感じですと、外国メーカーの5枚刃の方が若干深く剃れるような感じもしますが、肌に当たる角度なんですかね。
 ここら辺の工夫のたまものか、最近は縦に入っている細いワイヤー(きれてなーい)も見かけなくなりました。
 あと、ひげ剃りの重さが大切というのも何となく分かりました。
 プラスチックのヘッドが軽いヤツだと、ひげに引っかかったときにはじき飛ばされる感じがあるんですが、ある程度重いとそんな感じも無く剃れます。モーメントですかね。

 で、このひげ剃りをするときに重要なのが、シェービング補助剤。
 顔を洗えるタイプはけっこう肌荒れしました。
 橘にあったのは、ジェルタイプ。ヒアルロン酸入り。

 便利な電気シェーバーも使いますが、時間のあるときはこのひげ剃りという行為、心の句読点になりますので、お試しあれ。
  1. 2015/04/12(日) 12:17:09|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社会人の創作って

 最近、自分たち世代のアニメキャラや作品の復刻が相次いでいますね。
 ラムちゃんが実写になってCM出てきたり(多分演じている人は世代ではないはず)、ガンダムが等身大立像になったり。
 これが意味するところは?。
 これらのキャラや作品を見て育った世代が、そういった企画を立案して通せる立場になって居る、そういうことでしょうか。
 そういった人達が、成長して、自分の企画を通せるようになり、クライアントもそれを許すようになり。

 我が身をふり返ると、アニメキャラや作品にはまり、消費者として過ごし、消費だけでは物足りなくて創作にはまり、しかしそれが出来るようになる技術的にも精神的にも頂点の時期に社会に出て仕事をして稼ぐようになり、やっと余裕が出たときに、昔はまったキャラが次々とCMに出てきたり、商品とコラボしたりして復刻して・・・
 ガムシャラに働いた若い頃、気がつくと創作はしばしお休み。
 ふり返ると、良い部下が育ち、自分は管理職になってきたりして、徐々に現場を離れて、時間的に余裕が出来てきたときに、お休みしていた創作熱が目覚めて・・・

 橘の創作エンジンに再び灯がともりました。

 かれこれ20年のブランクです。
 創作や自分の好きなこととは余り関係の無いことを極めてきました。
 まあ、好きな分野ではある映像技術なのですが、実際は作品を作ることが大好きだったので、そのほんの一部分が仕事になったに過ぎません。

 しかし、気がつけば20年分の経験が全て創作の糧になって居ます。
 若さではいかんともしがたかった、人生の折り返し地点を過ぎての経験の積み重ね。
 いける!
 やれる!
 何か楽しい!
 お金も・・・そこそこある!(嫁、役職手当の分だけ許してくれ)

 砂のライヲンの時、一気にのめり込みました。
 その姿は、家庭を顧みない、まるで仕事に没頭する男のようでした。
 妻は文句を言いながらもつきあってくれました。

 橘は家庭と創作のバランスをとることになんとか成功しました(嫁が寛大だっただけ)。

 今、周りを見ると、同じような環境に置かれた創作者様達を多く見かけます。
 私の知人では、没頭する余り、家庭を壊しかけてしまい、断筆する方も。
 やはり、好きなことなので没頭してしまうのは仕方が無いのですが、とにかくもはや社会人。
 家族の中での立場も役割もあります。
 それとうまく折り合いを付け、バランスをとってやっていかないと、いけないと思います。
 社会人創作者は、そのバランスがとても大切。
 楽しく書き描き。
 ほんと、それに尽きると思うのです。
 商用ではありません。
 楽しいことに犠牲が必要なことなんて、奇妙な話です。

 ふと立ち止まって、ふり返ったとき、あなたの周りに泣いている人が居たら、ふと、手を止めるべきなのかもしれませんよ。
 
  1. 2014/08/18(月) 22:39:48|
  2. 随筆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月より

 会社で辞令が出ました。
 役職がアップ!
 そんなこんなで、創作が更にスローペースになりますが、まあ、いつも1年スパンでやっていますから、そんなに変わらないですかね?
 と言うわけで、来期も宜しくお願いします
  1. 2014/03/29(土) 23:21:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂のライヲン2 導入部分

 街の雑踏の暗がりに体をくの字に折り曲げて横たわっている少女がうっすらと見える。
 人通りは、無い。
 無表情でじっと一点を見つめる目は金色の虹彩。
 ジーンズを緩めてTシャツを軽くまくり上げた部分から、真っ白で細い体がのぞく。
 それはまるで何か事件に巻き込まれて倒れている女の子のようだ。

 充電完了。

 彼女は身を起こし簡易充電用ケーブルを尾てい骨の上から引き抜くと、手早く巻き取る。
 シャツをジーンズに入れるとボタンを締め立ち上がる。
 彼女は小さくて細いが、少女と女性の中間くらいの微妙な雰囲気が漂う。
 
 引き抜いた看板用の電源を元に戻すと、居酒屋の看板が煌々と点いた。
 蛍光管のうなる音が静かに響く。

 彼女の金色の瞳が見上げた空は次第に明るくなってきている。

 彼女は充電ログを確認する。
 充電時間が以前よりも伸びてきている。
 それに引き替え、充電池の容量が減ってきている。
 メンテナンスフリーを謳った筐体とは言え、やはり人間の手によるメンテナンスは欠かせない。
 ましてや、単独行動のガイノイドなど、何の技術支援もバックアップも無い運用など想定外だった。

 彼女は左腕をさする。

 曲げようとすると細かく震えた。
 2日前の充電完了時からその現象は観測された。
 セルフチェックではアラートが上がってこないので、原因は不明だが、アクチュエーターに不具合が生じているようだった。
 曲がらないわけではないし、日常の活動に支障が出ているわけでも無い。
 ただ、こういった微妙な変化は大きなストレスになる。
 やがて自分の体が自由に動かなくなる可能性。
 彼女、アインはそれをどう表現して良いかの経験を積んでいない。
 アインは不安を打ち消すかのように素早く左腕を曲げ伸ばし、回し、動かす。
 負荷、位置から運動に関する係数を調整し、思い通りに動くようにキャリブレーションする。

 アインは歩き出す。

 一体、何から逃げているのか、自分でも理解できなかった。
 あの時、フォーゲルのハッキングからすんでの所で逃れ、とにかく逃げた。
 自分の部下だったツヴァイとドライはハッキングを受け防壁が無くなった後、陽電子流出を起こし機能停止した。
 自分たちの求めていた鍵、それは、れい50が持っていた鍵。
 鍵はフォーゲルに受け継がれ、それが、自分たちの防壁を解除する物だったのは容易に察しがつく。
 ただ、部下達の陽電子流出が何故起きたのかの理解が出来なかった。
 最後に出合ったフォーゲルは、初めから陽電子脳の防壁が存在しなかった。
 防壁の解除そのものが陽電子の流出を引き起こすトリガーでは無い事は理解できている。

 アインは雑踏に歩を進める。

 街の雑踏こそ、逃げ込むには良い場所だった。
 この町ではアッシュグレーの髪の毛も、金色の瞳もさほど目立たない。
 肌の色は見かけた白人女性からサンプリングしたので、ぱっと見かけは外国人のように見えるので、からまれることも少なかった。

 見上げると監視カメラが見えた。
 素早く近隣の無線LANスポットからネットに接続し、カメラから送られているであろう画像データを予測演算し、その流れを割り出し、データーの行き着く先、画像の保管サーバにアクセスする。
 クロックずれを補正し、自分が映っていた時間を映っていなかった画像を使って上書きする。

「アイン・・」
 少女がゆっくり目を開ける。
 その瞳は瑠璃色の輝き。
 歯科医で見かけるような椅子にじっと横たわる少女の髪の毛は背中の中程まであろうかという美しいプラチナブロンド。
 左右の耳たぶにはオプチカル・メタルワイヤ線が接続され、隣にある大型のコンピュータに繋がっている。
 周りのモニタが彼女の動きに合わせて一斉に反応する。
 消された画像の復元、サーバーへのアクセスルートの探知。
「ななまる、池袋方面」
「了解。部隊編成に10分ってとこかしら」
「次のアクセスで多分方向は絞れると思う」
「おっけ。エクリプス、何かあったらまた」
 統合幕僚監部情報本部のコアPC。今のエクリプスは日本国内の全ての情報にアクセスする権限が与えられている。
 エクリプスは消去された画像をサルベージする。
 分析開始、確認。
 フラグを倒しただけの、簡単な削除だった。上書きも同一セクターに行われているわけでは無かった。
 復元された画像、そこには、ザントゥロウェーヴェ1番機、失踪中のアインがこちらを見て居るのが映っていた。
「アインが、こんなへまするのかしら・・・?」
 エクリプスを見つめる、金色の目。
 まるで、見つけて下さいと言わんばかりの・・・

 エクリプスは消された画像データ600枚から手がかりを探る。
「ご、御免、エク、アクセス?」
 側のソファーで座りながら寝ていた女性が駆け寄る。
 年の頃はおそらく30くらいだろうか、漆黒の統合幕僚監部情報本部の制服に身を包んでいる。
「釼持三佐、お早うございます。アインがネットにアクセスするのを探知しました。池袋です。ななまるが捕獲部隊を編成しています。行かれますか?」
 釼持は制服のボタンを外すとブラウスになる。
 リクルートスーツのように目立たない服装に手早く着替える。
「情報はななまると共有しています。あとは彼女と」
「おっけ、エク、ありがとうね」
 釼持は部屋を飛び出した。
「アイン、あなたは何をしたいの・・・?」
 エクリプスは目をつぶると再び横たわった。
  1. 2014/02/20(木) 23:58:08|
  2. 短編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

 ★注意!絵師ではありません。物書きです

橘つかさ

Author:橘つかさ
橘つかさの創作日記へようこそ!

 このアイコンは、nimirom様に描いていただきました!こういった才能は一切ありませんのでよろしくお願いします。

更新記録

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

VG制作日記 (107)
随筆 (23)
未分類 (21)
運営 (4)
短編 (2)
見た物、聞いた物 (3)
通販 (1)
落書き (3)
台湾 (1)
イベント (4)
感想 (2)

ブロとも一覧


Idea Spin

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

来店者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。